Tag Archives: 名古屋

組合からの連絡

定時総会を開催しました

当組合では、定時総会を5月26日開催しました。

今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、書面による開催となりました。

既に告知の通り、8月末日で組合の解散が決まっていることから、今回の議題も令和元年度の事業報告と、同決算書類の確認のみとなり、いずれも原案通り承認されました。

組合からの連絡

横江眼鏡が廃業

当組合に加盟の横江眼鏡が、4月末日をもって廃業しました。

組合からの連絡

将来見据え、総会で活発に意見交換

2018年度通常総会5月16日、名古屋・新栄の名古屋眼鏡本社で通常総会を開催しました。

総会には組合員5人全員が出席し、上程議案を原案通り可決・承認するとともに、今後の組合運営のあり方について、活発に意見を交わしました。

開催に先立ち、挨拶に立った当組合理事長小林成年は「組合員の皆様方の、日頃のご理解とご協力に心より感謝申し上げる。眼鏡業界を取り巻く環境は依然として厳しいが、中部地区の眼鏡店様のお役に立てるよう今後も尽力したい。そしてそのためにも、卸組合として何ができるか?卸に課せられた社会的使命を、どのように全うしていくのか?本日はそういったことにもご意見をお寄せ頂きたい。引き続きご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げる。」と述べました。

そのまま小林が議長に就き審議を開始。前年度の活動実績と収支決算内容を報告した後、新年度も例年通り、毎月の例会をはじめメーカーとの暑気払い(ビアパーティー。7月25日浩養園で開催)、新年会、眼鏡総合展示会EOFの開催等各事業計画案について審議しました。

上程議案を滞りなく承認した後、話しの流れから、「組合も高齢化が進み、また後継者問題も絡み合い、おおよそ先が見通せるようになった。」として、今後の対応について、意見を交換しました。最終的な結論は出なかったものの、今後も「半分冗談に、半分真面目に」(小林理事長)話し合っていくことで合意しました。

 

未分類

【第17回NOW】11月13・14日、ウインクあいちで開催

東海眼鏡商工懇話会展示会部会による【第17回名古屋オプティカルウェーブ~NOW2018】が、11月13・14日ウインクあいち6階展示場で開催されます。時間は13日15時から20時、14日10時から16時。

「原点回帰!人モノ夢探し」をテーマに有力30社の出展に加え、今回は「福井産地コーナー」を特設し、8社が協賛し、秋冬向けの新製品を展示します。

会期中は、「ご来場お楽しみ抽選会」をはじめ、ドリンクコーナー、出展社の最新情報を集めたカタログコーナー等も予定されています。

また毎年好評のNOWセミナーは、以下の通りとなっています。

■「可視化で自店信頼度アップ!自店技術や能力を洗い出せ」
日時:13日13時30分~15時▽会場:6階展示会場隣り(601号室)▽受講料:無料▽講師:メガネ技術コンサルタント内田豪氏▽定員:30人

■「レンズメーカー4社様によるセミナー」
時間:14日10時30分~11時30分(ニコン・エシロール/東海光学)▽13時30分~14時30分(HOYA/セイコーアイウェア) 会場:6階展示会場隣り(601号室)

■出展社ミニセミナー サンニシムラ、ニコン・エシロールが会場内自社ブースで随時実施。