未分類

EO2017、来場者15%アップ

恒例の総合展示会「EOF(エクセレントオプチカルフェア)2017」を、3月14・15日、名古屋駅前のウインクあいちで開催しました。

今回も、東海地区をはじめ四国、北陸等遠方から多くの小売店様にご来場いただき、終日活発な商談が続きました。

会期終了後の主催者集計では、来場者数は前回を15%上回りましたが、売上はほぼ昨年並みの結果となりました。

今展を振り返り、当組合理事長小林は、「国内個人消費が停滞し、小売店様の売上も厳しい中での集客でしたが、積極的に新たな活路を見出そうとされる小売店様に多くご来場頂けました。売上は、この状況を反映し、小口注文を出されるお客様が多く、昨年とほぼ横ばいとなりました。」とコメントしております。

会場では、昨年大ヒットした映画「シン・ゴジラ」にあやかり、“今年も名古屋に最シン・メガネぞくぞく上陸”をテーマに、組合員含む有力39社が出展。春夏向けの最新商品を数多く発表するとともに、人気の継続商品や会期限定の特価商材など幅広い品揃えで、来場者様に期待に応えるよう務めました。

また14日には、株式会社Fast様による「明視域アプリを活用した累進レンズの売上を10%アップさせる方法」、15日にもセイコーアイウェア様によるレンズセミナーがそれぞれ実施され、計80名が受講されました。

買い上げ金額に応じて現金が当たるお楽しみ抽選会やフリードリンクサービス、ランチサービス、駐車券サービスなど、例年通り多彩なサービスを展開し、展示会を盛り上げるとともに、来場者様にも好評でした。

なお来年の会期につきましては、3月か4月に今回と同会場で開催を予定しております。他地域(東京や大阪)と連絡を取り合った上で日程を調整する必要があるため、現段階では未定としております。

EOF2017会場

EOF2017会場

 

EOF2017会場

EOF2017会場

EOF2017会場セミナー

EOF2017会場セミナー